武蔵浦和JMクリニック

美容外科・美容皮フ科・レーザー治療

048-710-8008
受付時間 10:00〜19:00

小陰唇縮小

女性器の悩みを持っている方が意外に多いことには驚かされます。どんな親しい人にも言えず 長い間一人で悩んでしまうようです。小陰唇肥大といってもどの程度が異常なのかよくわからないので仕方がないのかもしれません。診察すると気にしすぎの方もいますが、明らかに左右差がある人もいます。 また自転車に乗ったときにあたって違和感があるという人もいます。体質で色が黒ずんでいる場合もあるかもしれません。

手術方法としては大きすぎる小陰唇を切って糸で 縫い縮めることにより目立たなくします。 小陰唇肥大の場合は、左右のどちらかが、出っぱっている場合が多いので、小さい方に合わせるようにすると自然な感じになります。もちろん両方切除して全体を小さくすることも可能です。手術時間は 約30~60分程度で、傷跡も1ヶ月程度でほとんどわからなくなる人が多いようです。

費用(消費税込)

  • 両方162,000円
  • 片方97,200円

Faq よくある質問

  • 通院の必要はありますか?
  • 術後の痛みについて教えてください
  • 抜糸は必要ですか?
  • 日常生活での制限はありますか?

Faq よくある質問

●Q1.通院の必要はありますか?

基本的にとける糸を使って縫合しますが、最近のとける糸は1ヶ月くらい
残っているので1週間後に抜糸の必要があります。万が一出血して血腫などの合併症が起きた場合は 追加通院が必要になる場合もあります。

▲このページのトップに戻る

●Q2.術後の痛みについて教えてください

下着にすれるとじんじんする痛みがある場合がありますが、3日程度で慣れてきます。
痛い場合は鎮痛剤の内服で対応可能です。

▲このページのトップに戻る

●Q3.抜糸は必要ですか?

とける糸を使って縫合しますが、1ヶ月くらい残っている場合もあるので、検診もかねて1~2週間後に抜糸します。

▲このページのトップに戻る

●Q4.日常生活での制限はありますか?

1ヶ月くらいは性交渉は控えてください。

▲このページのトップに戻る