武蔵浦和JMクリニック

美容外科・美容皮フ科・レーザー治療

048-710-8008
受付時間 10:00〜19:00

ボツリヌス注射

ボツリヌス(ボトックス)とは?

より若く、さわやかに見せるためにボツリヌス注射が行われています。もともとボツリヌス菌BTXAは生物学的兵器のために開発されました。1960年代に入りボツリヌス菌BTXAを利用した斜視の治療が開発され、1980年代に入ると医療用として 眼瞼痙攣、顔面痙攣、斜頚の治療に使われるようになりました。その後1989年にFDA(米国食品医薬品局)で認可を受け、今日ではボツリヌス菌BTXAは臨床薬として世界中で広く用いられています。

美容外科領域ではボツリヌス注射はすでに存在するシワを目立たなくさせたり、新しいシワをできにくくする 最先端医学で、 アメリカはもとよりヨーロッパでも広く使われている治療薬です。メスを使わないフェイスリフトとして簡単・安全にしわの無い顔に変身させる事ができるとアメリカを始め多くの女性の間で話題を呼んでいます。

ボツリヌス菌BTXAは神経と筋肉の接合部に作用して、一時的に筋肉の収縮を弱める働きがあります。 これは筋肉が収縮するときに放出されるアセチルコリンの遊離を抑制することによるものです。

またボツリヌス菌BTXAが作用する部位が神経と筋肉の接合部位に限局しているために適正量を使用すれば 体に害を与えることなく、しわの治療などに効果が現れます。たとえば 眉間の縦皺は筋肉が過剰に収縮することにより生じますが、眉を寄せることができなくなるためにしわが消失します。

毒素のヒトに対する致死量の報告はありませんが、注射では数千単位と推定されており、美容外科で使用する量では問題になりません。

適応部位

  • 眉間のしわ(特に縦しわ)
  • 前額部の横じわ
  • 鼻根部横じわ
  • カラスの足跡(目尻の横じわ)crow feet
  • オトガイ部の陥凹性しわ

治療の流れ

  • 気になるしわの部分を確認し、場合によってはマーキングをします。
  • 非常に細い針(30G針)を使用して、少量を顔の筋肉内に注射します。

治療の所要時間は5~10分 程度で終了します。 注射の痛みは多少ありますが、局所麻酔なしで施術可能です。局所麻酔をすると容積が増え膨隆が目立ってしまうこと、毒素が周囲へ流れ目的とする部位以外に作用することがあるため通常は麻酔なしのほうがいいでしょう。注射後も普段と 変わらない生活ができます。

効果発現時間

注入してもすぐには効果は現れません。注入してから平均12~24時間以内に効果が認められますが、効果の発現は3~4日後、遅い場合は1週間くらいかかって徐々に効いてきます。

効果持続期間

6ヶ月前後で効果が薄れてきます。効果を持続させるためには、定期的な注入が必要となります。

安全性

現在のところ、ボツリヌス菌BTXAの使用に関連した長期的な副作用または健康障害は認められていません。 300単位以上の反復投与でリスクの増大が示唆されていますが、顔面のしわ取りでは通常20~40単位を越える ことはまずないので問題ありません。またボツリヌス菌BTXAによるアレルギー反応も報告されて いません。

費用

  • 10単位32,400円
  • 20単位54,000円

眉間の縦皺→通常10単位使用 32,400円

両目尻の笑いじわ→通常10単位使用 32,400円

Faq よくある質問

Q1.他の治療と同時に受けることは可能ですか?

全体的な効果を高めるために、他の治療法との併用が行われることがあります。ボツリヌス菌BTXAが特定の部位だけに効果が発現するために、コラーゲンやヒアルロン酸、レーザー療法などの治療法を併用することが可能です。

Q2.男性でも治療を受けることができますか?

ボツリヌスBTXA注射は女性にも男性にも同じく効果的です。実際、職場で若々しさを保つために、多くの男性がこの治療を受けています。特に男性は眉間の縦皺ができる人が多いので、多くのビジネスマンが、よりすこやかで親しみやすいイメージの獲得に成功しています。

Q3.ボツリヌス注射により小顔になりますか?

ボツリヌス菌BTXAを筋肉内に注射すると、筋肉の収縮が低下します。効果時間は、半年位なので、この期間は筋肉の収縮が悪くなります。筋肉の収縮が復活する頃に、またBTXAを注射します。これをくり返すとと筋肉はいわゆる「廃用委縮」します。筋肉を使わなくなることにより、筋肉が縮んでしまいます。足の骨折をした人が入院して、1カ月くらいベッドに寝ていると骨折した足が細くなってしまうのを見たことがあると思います。この原理を使って咬筋を萎縮させます。筋肉性のエラ張りには効果がありますが、骨性のエラ張りにはまったく効果はありません。具体的には奥歯をくいしばった時、えらの部分が盛り上がる人は、咬筋の発達による「えらはり」です。このような方はボツリヌス菌BTXA注射が効くといわれています。3~4か月おきに、3~5回で効果がでるといわれていますが、1回でもけっこう効果があったという人も多いから不思議な治療法です。

Q4.ボツリヌス注射で眉がつり上がりますか?

ボツリヌス菌BTXAの作用は神経麻痺ですから、額の広い範囲ににボツリヌス菌BTXAを作用させるとまぶたが下がってしまいます。そこで眉の外側の上方にはボツリヌス菌BTXAを注射しないように教科書に書いてあるのでその通り注射すると、眉の外側は上がり、眉間の部分はボツリヌス菌BTXAが作用するため上がらなくなります。「眉が釣り上がる」とか「怒った顔になった」といった訴えになります。この場合、極少量のボツリヌス菌BTXAを眉外側の上方に注射すると1週間ほどで眉のつり上がりはなくなるようです。