武蔵浦和JMクリニック

美容外科・美容皮フ科・レーザー治療

048-710-8008
受付時間 10:00〜19:00

入れ墨除去

 max

若い頃に刺青を入れたが、何とかきれいにとれないものか?と思っている人も多いと思います。当院ではMAX社のQ-switchYAGレーザー(波長1064nm)により刺青のレーザー除去を行っております。

簡単に刺青をレーザーによりとれると思っている人も多いかと思いますが、時間的にも、金額的にも大きな負担になる治療であることをご理解ください。

まずどのような色が治療の対象になるか?効果があるのは黒・茶・青の刺青です。黄や緑色はとれないことが多いです。赤が入っている場合は半波長の532nmに変えて照射をします。これはレーザーがある特定の色に反応することによります。

あと刺青の深さがどこまで入っているかにより効果が変わってきます。深い層まで入っているときは照射の回数が増え、完全にとれないこともあります。脂肪層まで入っているとレーザーでは効果がありません。この場合は切除術の適応になります。ただし範囲が広い場合は無理に切除して縫縮するとひきつれや瘢痕が生じ、かえって傷が目立つ場合も出てきます。

作用機序はシミのレーザー治療と同じ作用機序です。レーザー光線は特定の色に吸収されるという性質を持っています。吸収されると、光は熱に変わり色素のみが破壊されるます。Q-swichYAGレーザーが1064nmの波長なので深部到達性にすぐれています。もちろん、熱発生が色素の範囲内に留まるよう、照射時間は極短時間です。1~2週間ほどかさぶたができますが、その間はテープやガーゼを貼る必要があります。

治療回数

刺青の色素が入っている深さにより効果の出る回数は変わってきます。刺青の入っている深さが浅いと2~3回で劇的に消失する場合もあります。特に外傷性刺青の場合はよくとれます。深いと回数は5~10回必要になるかもしれません。完全に取れない場合も出てくるために最初から切除術を勧めるクリニックもあるようですが、やはり第一選択はレーザーと考えています。

料金(消費税込)

はがきの大きさまでで初回54,000円です。
2回目からは刺青の大きさにより10,800~54,000円となりますのでご相談ください。

症例写真

症例1

4回照射して色の濃い字の部分以外はほぼ消えています。

初回5万円+2回目から2万円で計5回(13万円)で治療を受けています。

5回目からは残っているところだけを1万円で治療を続けていく予定です。

■照射前

i13596- i13596-

i13596-

■4回照射後

post_tattoo_01 post_tattoo_02 post_tattoo_03 post_tattoo_04